カレンダー

休診のお知らせ

 

3月の休診は

22(月)です。

 

午後休診は

10日(水)19日(金)です。

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

新型コロナを考える まとめその3

PCR検査は偽陽性、偽陰性があり国や地方が発表する感染者数は全く意味がありません。検査を増やせば当然感染者数は増えるのですがこんな当てにならない数字で大騒ぎしているのがマスコミです。国民はこのテレビウイルスで脳がやられ正常な判断ができなくなっています。

今年の1月に政府は新型コロナを指定感染症に指定しました。PCR陽性者は感染者とみなし、入院隔離しなければならなくなりました。すべての騒動の発端はこれです。熱が出たり、具合が悪い時には医者にかかるのが当たり前なのに指定感染症のためまず病気になったらまず保健所に連絡し判断を仰ぐという極めて奇妙なことが始まりました。新型コロナの死亡者数の統計が自治体によって定義が違うとか、どう見ても増え方がおかしいとか色々疑問だらけですが最近は死亡者殆ど増えてません。それなのに未だに指定感染症の見直しが行われてません。指定感染症から新型コロナを外さないでPCR検査を仮に全国民に行えば間違いなく医療は崩壊します。何故この新型コロナをそれ程まで恐れるのでしょうか。もしこの新型コロナで院内感染が起きたり死亡者が出ようものならマスコミの総攻撃を受け医療機関は潰されてしまうからなのです。