カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

PTNA入賞者コンサート

先週今年度のPTNAピアノコンクールの入賞者コンサートがありました。かつて4人出たこともありましたがとうとう1人になってしまい寂しい感じがします。初めて参加したころは「ご褒美コンサート」とも言われ明らかに練習不足で途中で止まったりする演奏が多々ありましたが最近は意識もレベルも向上したためかそのような演奏はなくなり良い傾向だと思います。子供であっても有料のコンサートですから最善の演奏をするのは当然ですね。ただここ数年聞きごたえのある演奏がいくつもありましたが今年はそれがあまりなく少し残念でした。技術的レベルではなく曲の解釈アナリーゼ不足によるものだと思われます。例えばハイドンは貴族のために書かれた楽しく明るい音楽が殆どです。聴いててうきうきするような演奏を聴きたいのです。ショパンは幸せだったポーランドで書かれたものと病気療養中のマジョルカでは当然作風は違うでしょう。祖国惨状に思いを馳せながら書いた作品はそれなりの表現があって然るべきです。ある先生に指導を受けた時、ベートーベンは自然が友達だったと教えてもらったことがあります。鳥のさえずり、風の音など表現するのにいろんな音色がベートーベンには必要なのです。子は親の鏡、演奏者は指導者の鏡です。指導者のさらなる発展を期待します。