カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

集団的自衛権の解釈変更

今回の集団的自衛権の解釈変更問題は大きく2つに分けられます。そもそも現在の憲法では集団的自衛権は使えません。なぜなら9条で武力を伴う軍隊の派遣を明確に否定しているからです。もし集団的自衛権を行使したいのなら憲法改正しかないのです。しかし安倍首相は時間がかかり過ぎるとか国民の同意が得られないことから姑息な閣議決定で集団的自衛権を使えるようにしようとしています。憲法とは国民が国家権力の暴走を防ぐために決めた約束です。この立憲主義を否定すこと自体が大問題なのです。もう1つは安倍首相のいう集団的自衛権の内容です。米軍の艦船に乗っている日本人を救うことができないとか言ってましたが、アメリカは自国民でさえ艦船に乗せることはありません。万が一米軍が避難民救出するにしてもにアメリカ人が優先で、日本人は一番最後なのです。でたらめな情報で国民を騙すやり方は許せません。今起きている戦争は殆どアメリカが引き起こしております。アメリカが吹っかけた戦争において相手国が反撃した場合アメリカを助けることのどこが自衛なんでしょうか。「アメリカの若者が血を流しているのに日本人は血を流さなくていいのか」という石破氏は9条全く理解していないのではないでしょうか。今アメリカの若者は気づき始めています。誰が戦争を仕掛けているかを。アメリカは破産しており軍事費もどんどん削減してます。兵隊も減ってます。だから日本の自衛隊を使い、さらに日本から戦費を巻き上げようとしているのです。戦争をしないと軍需産業を守れないのです。