カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

STAP騒動 その3

中部大学の武田教授が自身のブログで理研の方が法律違反であると主張してます。マスコミは論文に不正があったと報道してますが正しくは「論文不正の疑いのある委員が数名いる委員会で委員長が辞任したにもかかわらずそのまま審議を継続し不正と判断した」ということです。法律的にはなにも問題ないのに理研村の掟で有罪と判断しました。実験ノートがお粗末で検証できないと言っていますがノート以外に実験していたことを示すものはいくらでもあります。例えばユニットの共同研究者の事情聴取はしたのでしょうか。武田先生は20年前から実験ノートは付けてないと言ってます。パソコンにデータがあるし、その整理もパソコンで行うのでノートは必要ないと。実験の様子はビデオで撮っているので下手な絵を描くより正確で検証しやすいそうです。ノートが必要なのはアメリカで特許を申請する時、補助金をもらうとかお金が絡む時、あとは学生が卒業するための卒論の時ぐらいでしょう。理研は論文を取り下げるようにいってますがそれなら特許も取り下げるべきではないでしょうか。訂正してネイチャーに提出した論文はどうなったのでしょうか。何をもって悪意があるいうのでしょうか。誰か被害を受けましたか?論文を出しただけで何故こんなにバッシングされなければならないのでしょうか。