カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

年金の矛盾

年金の支給開始を75才にするとか言ってますがそもそも積み立て型の年金制度は資本主義とは相容れないものなのです。資本主義では賃金上昇とインフレがあたりまえなので、月給10万円の時代に積み立てた5万円は月給30万円の時代になっても5万円のままなので価値が3分の1になってしまうのです。年金課長が「どうせ年金を預かっていてもいずれ目減りしてしまうので今のうちに使ってしまおう」と言ってたそうです。そのとおりなのです。消えた年金とは積み立てた記録が消えたのではなく年金そのものが無くなってしまったことなのです。天下りの退職金、使い道のない豪華な保養施設、焦げ付くのが目に見えていた特殊法人への融資など。おそらく年金の半分くらい無くなっているのではないでしょうか。年金制度そのものが非現実的でしかもお金を使い込んでしまった結果が現在なのです。積み立て型だったのにいつの間にか現役世代が高齢者を支える賦課型方式に変えようとしてるのをご存知でしょうか。数年前から3人で1人を支えるのが将来は2人で1人を支えるというキャンペーンをさかんにやってますよね。そうです。すでにすり込まれているのです。安倍政権は年金の穴を埋めようとリスクの高い株を買おうとしています。大切な年金で博打をする政府。失敗してもだれも責任とらないからできるのです。年金を運用で増やそうという幻想は今すぐ捨てるべきです。