カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

特定秘密保護法3

多数決で決めるのが民主主義ですが少数意見を尊重するのもまた民主主義です。衆議院で十分議論したので参議院でこれ以上議論する必要がないという人がいますがそれでは二院制の意味がありません。今回の法案での問題は単に知る権利の問題だけでなく、50以上の行政機関が秘密指定できること、それをチエックする第三者機関がないこと、一般市民やジャーナリストが共謀教唆で有罪となる可能性があることがあげられます。指定できる行政の長におよそテロとは無縁の郵政民営化推進本部長や気象庁長官、観光庁長官、消費者庁長官などの組織がたくさんあります。官僚が好き勝手に都合の悪い情報を秘密にするための法律なのです。新聞に法案全文掲載となってましたが、53の行政機関は書かれてません。ここに騙しがあります。安倍首相が国会議員が秘密を漏洩しても罰則規定がないからこの法律は必要だと言ってました。たしかに一番情報が漏れるのは国会議員からでしょう。だったら国会議員限定の罰則を伴う守秘義務を課す法律を作ればいいのではないでしょうか。