カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

歯周病 その4

 口腔内には多数の細菌が常に存在しています。簡単に言うと歯垢はその細菌の塊で、それが石灰化したものが歯石です。歯垢は歯ブラシや糸ようじ等で除去可能ですが、歯石になってしまうと自分では取り除くことは困難です。

 歯周病予防にはまず歯周病につながる歯肉炎に罹らないように子供の頃からの口腔清掃が最も重要です。それでも歯石は付くことがあり、定期的に歯科医院で除去した方がよいでしょう。人にもよりますが3ヶ月から半年位での受診をお勧めします。なんとか歯肉炎で止めて欲しいものです。

 不幸にして歯周病になってしまった場合、原因である歯石を完全に除去しなければなりません。実はこれが大変難しいのです。初期であれば容易に歯石除去可能ですが、ある程度進行してしまうと道具を届かせることすら困難になります。当然歯肉の奥深くですから見えません。重度の歯周病の治療で歯肉を切開して歯石を取る手術があるのですが、それでも歯周ポケットの底は見えません。手の感覚だけがたよりですので完全に除去するのは極めて難しいのです。ですから治療後の定期点検も重要なのです。

 さらに患者さん自身の清掃が不十分ではすぐ歯石がたまり再発してしまいます。保険診療で口腔清掃が良くない状態では歯周病の治療は認めないとするのはこのためと思われます。