カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

歯周病 その2

昔から女性は子供を産む度に歯がなくなると言われていました。

妊娠性歯肉炎という病名がありますが、これは妊娠中にホルモンのバランスが崩れ歯肉炎が悪化した状態を言います。つわりで歯ブラシが十分できず歯肉炎が発症し、妊娠という特殊な環境下で悪化し、最終的に抜歯に至ったためこのようなことが言われているのだと思います。

開業当初、虫歯は殆どなく歯ブラシはしっかりできているのに歯周病がひどく、他院で多数抜歯しなければならないと言われ受診した女性の患者さんがいました。この患者さんも子供を産んでから歯周病が悪化してきたといってました。診察したところ殆どの歯が抜歯してもおかしくない状態でしたが、本人の強い希望で歯周病の治療を開始しました。1本はやむをえず抜歯しましたが他の歯は1年経った今も良好な状態で維持され、今では何でも食べれるようになりました。治療も大変でしたが患者さんが本当に口腔内をきれいにしてくれたおかげと思ってます。やはり治療だけでは歯周病は治りません。患者さんの協力が必須ですね。