カレンダー

医院からのお知らせ

 

 11月の休診は

  5日(月)

17日(土)

24日(土)です

 

午後休診は

  2日(金)

28日(水)です

 

 

お問い合わせ

「お問い合わせ」の際は

年齢・性別をお知らせください

 

こちらから予約することは

できません。

ご予約はお電話でお願いします。

 

メモ: * は入力必須項目です

歯科・歯科口腔外科

どいがみ歯科医院

 

〒086-1111

中標津町西11条南7丁目14

電話:0153-74-8118

 

《予約優先》

※予約なしで来院された場合は急患でも治療が混んでいる場合は受付できないことがございますことをご了承ください。

 

来院前に電話での予約をお願いいたします。

2018年

11月

12日

ためになるかな その6

先日開院7周年を迎えました。いろいろありましたがなんとかやりくりしています。

ブログもつまらない話題ばかりですがご了承ください。

2018年

10月

01日

ためになるかな その5

確かにCO2は重いので拡散しづらく、人が住んでいるところに漏れ出したら死人が出るでしょう。苫小牧近郊の方、今すぐCO2の地下貯留を中止するよう市長に伝えてください。

2018年

9月

13日

ためになるかな その4

お暇な方はどうぞ。南アフリカでキリン、象が生息しているところに雪が降ってます。北海道も寒いです。

2018年

8月

31日

ためになるかな その3

酪農家の方が脱炭素社会をめざす異常さ。CO2がなければ牧草は育たず酪農は消滅します。自分の頭で考えましょう。

2018年

8月

29日

ためになるかな その2

2年後の東京オリンピックのマラソン問題、気温についての記事が今朝の道新に出てました。過去のオリンピックの開催された8月の最高気温の平均のグラフをよく見てください。なぜ東京だけが1971年から2000年までの平均をグラフにのせているのかおわかりですか。グラフを見ると東京はギリシャよりも2.4度低く、アトランタとほぼ同じに見えます。では実際今年の8月の最高気温の平均はどうなっているのでしょうか。誰でも調べられますが下にグラフ貼っておきます。ここ4週間の平均を計算すると32.3度となります。なんと1.5度も違うのです。アトランタよりずっと暑く、ギリシャに近いのです。こんなインチキなグラフを乗せる新聞みなさん信用できますか?

2018年

8月

22日

YAMATO String quartet 中標津公演

9月15日中標津町文化会館しるべっとにてYAMATO弦楽4重奏団の演奏会があります。全員がクラシックで活躍中ですが、この楽団はクラシック以外の音楽、レッドツェッペリンやビートルズのロックから映画音、ピアソラ、日本の歌謡曲など様々なジャンルの音楽をレパートリーとしております。今回の公演は誰でも楽しめるように純粋のクラシックは無しにして、ゴジラのテーマやピンクパンサーなどで構成されてます。全席指定ですのでお早めチケット購入したほうが良いでしょう。価格も首都圏の半額とお得です。音楽の友社での世界で人気のある弦楽4重奏団でスメタナなど超有名団体とならんで堂々の第20位にランクインしているそうです。こんな機会はめったにないでしょう。是非聴きに行きましょう!

2018年

8月

11日

サマータイム2時間の理由

東京オリンピックに合わせて2時間くり上げるサマータイムを政府が検討中とのこと。マスコミは多分知っているが決して言わないことを言いましょう。猛暑対策としてマラソンを朝7時スタートするだけならわざわざサマータイムにする必要はありません。問題はそれをサポートする大量のボランティアの交通をどうするかです。当然公共の電車、地下鉄、バスを使わざるをえません。そうなんですボランティアの足を確保するためのサマータイムなのです。山手線の始発は4時台からありますが4時台1本、5時台3本、6時台10本、本格的に運行するのは7時からなのです。当然準備に間に合いません。2時間のサマータイムのメリットを強調して、交通機関を2時間早く動かそうとしているです。こんな誤魔化しはせず、オリンピックの期間だけ東京の交通機関だけ2時間ダイヤをくり上げるか、ボランティアの移動する時間帯だけ増便するとかいくらでも解決策はあります。全国一斉のサマータイムはやめていただきたい。

2018年

8月

08日

ためになるかな

新シリーズ。熱中症を疑う時にはまず体温を測ることが大切です。このことは殆ど誰も指摘していません。普通の人は平熱を少し超えた程度でしたら涼しいところで休んだり、水を飲めば改善が見込めます。ただし高齢者、乳幼児、有病者は注意が必要です。重要なことは体温が異常に上がり、対策しても熱が下がらないのが命に関わる熱中症だということです。こまめに水分取るよりこまめに体温を測りましょう。

2018年

7月

21日

まだ続く温暖化詐欺

北海道は寒いのですがその他の地域は暑いのは事実です。また降水量も多いのですが、諫早豪雨や伊勢湾台風など50年以上前のもっとすごい事実を報道しません。グリーンランドの氷はデンマークの王立研究所のデータではほとんど変わってません。北極の氷は毎年夏から秋にかけて減りますが冬場は全面結氷してます。事実を自分で調べられる時代になったのは良いことですが残念ながらマスコミの報道を鵜呑みにしている人がほとんどなのでどうしょうもないのかな。水と空気の比熱は3000倍も違うので仮に温暖化して空気の温度が3度上昇しても海水温は0.001度しか上がりません。誤差の範囲で全く変わらないのです。

2018年

6月

28日

PTNA 2018

2年前19年連続出場で幕を閉じたはずの我が家のPTNAでしたが、何と今年三男が復活、しかも我が家で初のF級に挑戦、幸運にも地区予選を通り本選出場となりました。今回で通算20回目というなかなかありえないPTNA出場、ギネス記録かもしれません。一時期は4人全員と連弾で本選出場したこともありました(笑)PTNAには相当貢献しましたので特別表彰してもらいたいですね。

2018年

6月

01日

アムランのショパンピアノ協奏曲第1番

先月の札幌交響楽団の定期演奏会にアムランが登場しました。前回のショパンコンクールで第2位でしたが個人的にはダントツの1位でした。アムランのホームページから演奏会に行くことを伝え、ついでにアンコールにショパンのバルカローレをリクエストしました。その後まさかの返事があり、バルカローレはアンコールとしてはほんのちょっと長いのでとやんわりお断りされました。2日連続の定期で2日目にチケットを取り、前日に休憩時間にラッキーにも面会が許されサインと写真撮影させてもらいました。地元の羊羹を差し入れして、Japanese sweetというと笑顔で答えてくれました。翌日に演奏はもうこれ以上ないという繊細な美音でショパンを弾いてくれました。アンコールのノクターン遺作も会場が静まりかえったなかでの演奏で本当に感激しました。今度はアムランのリサイタルを是非聴いてみたいと思います。

2018年

4月

15日

古いですが国家公務員法は憲法違反だそうです

2018年

1月

27日

本当の話

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

昨年体調をぐずしまして現在もリバビリ中です。

ブログネタはあるのですがもう少し回復してから書こうと思います。

ところで武田先生が2週に一度出演する番組が始まりました。今回は2回目です。おヒマな方はどうぞご覧ください。

2017年

12月

22日

知ってます?

http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017178

テレビ、新聞は加計学園裁判を全く報道しません。

2017年

11月

30日

相撲は武道ではなかった

変わった人かもしれないが言ってることは正しいかも。

2017年

7月

15日

岩盤規制に開けた穴は新たな岩盤規制だった

2017年

6月

10日

事実は事実

英語辞書があればだいたいの内容はご理解できると思います。お暇な方はどうぞ。http://www.breitbart.com/big-government/2017/06/06/delingpole-global-warming-is-myth-58-scientific-papers-2017/

0 コメント

2017年

6月

03日

お久しぶりです

いろいろと多忙でブログ中断してました。

今年からピアノを弾く子供がいなくなったためコンクールネタはありません。

まあ、世の中はほんとうにおかしなことばかり。やはり自分で情報を集め、自分で考えることが大切だと思います。

2017年

4月

18日

CO2はすべての生物の源です

純粋に科学の話です。25分ぐらいですので是非お聞きください。

2017年

4月

16日

スローカー トロンボーン4重奏団

先月ですが札幌キタラ小ホールで世界最高峰のスローカートロンボーン四重奏団の演奏会に行ってきました。演奏会に先立ちウォーミングアップ講習会が開催され参加しました。憧れのスローカーやジヴィチャーン、清水真弓さん、バストロのマニャックと一緒にトロンボーンを吹けるという二度とない経験をさせてもらいました。演奏会はもうありえないテクニックと最高のアンサンブル、プログラムも素晴らしかった。やはり生はいいですね。

40年以上続いているアンサンブルなのでスローカー以外のメンバーは時々入れ替わります。そんななかでジヴィチャーンが一番長く参加していますがとにかくテクニックが凄くアンコールでアルトトロンボーンで吹いたモーツァルトのオペラ魔笛の夜の女王のアリアは圧巻でした。写真のようにお茶目で気さくな方でした。髪型からは想像できませんね(笑)またスローカーのレコードを持参しサインもしてもらい宝物になりました。

2017年

4月

16日

お久しぶりです

3月は何かと多忙でブログが中断しておりました。欠員していた歯科衛生士さんが補充できて4月から4人体制に戻りました。気分を新たにまた頑張りたいと思います。ブログもね(笑)

2017年

2月

25日

異常なトランプ叩き

スェーデンでテロがあったとトランプが嘘を言ったと叩いていますが、木村太郎氏や原文を読んだ武田先生はどこにもテロという言葉はなく、報じているほうが嘘だと指摘してます。

虎ノ門ニュースは10分ころからご覧ください。

2017年

2月

25日

北海道農民管弦楽団 第23回定期演奏会 その2

先月十勝の音更町で農民オケの演奏会が超満員の聴衆を迎えて無事終了しました。HBCニュースでも取り上げられましたが本当に内容の濃い、素晴らしい演奏会でした。先日DVDが届き、早速見てみました。いつもはミスばかり気になり一度見たら2度目はなかなか見ないのですが、今回は何度も見返したのはそれだけ完成度が高かったからだと思います。言葉で伝えるのは難しいですが特にゴジラは名演だったと思います。今年は次の演奏会が6月の釧路交響楽団のサマーコンサートまでしばらくありません。また毎年恒例のPTNAにも参加しません。そんなわけでロス感が大きいのです。来月スローカートロンボーン4重奏の札幌公演が待ち遠しいです(笑)やはり人前で演奏することはある意味で生きがいになっているかも。来年の農民オケは十勝の清水で第9を演奏します。近くなりましたらまたご案内します。

2017年

2月

05日

メディアリテラシー その28

ケントギルバートさんの話をまず聞いてください(5分くらいから)。大統領令をちゃんと読みもせずマスコミを誤報を鵜呑みしてはいけません。

2017年

2月

02日

ひとりごと 温暖化詐欺 その12

トランプ大統領が温暖化はでっち上げだ発言しているが相変わらずマスコミは叩きまくっている。武田先生の解説を聞けば少しは洗脳から逃れられるかも。毎年20万円も詐欺にあっているのにいまだ気が付かない。

2017年

1月

19日

メディアリテラシー その27

スノーデンの発言が本当なら?

2017年

1月

04日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。6年目の今年も惰性ではなく、常に向上心をもって診療にあたりたいと思います。今年はアメリカ大統領がトランプに変わることで世界が、今までの常識がひっくり返ると思われます。大いに期待しましょう。

2016年

12月

21日

NHK音楽祭2016

EテレでNHK音楽祭が放送されいくつか見ました。パリ管は東京に出張したさい東京芸術劇場でマーラーの5番とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴きましたが、やはりテレビではあの凄さは伝わりません。それでもブリテンのテノールの声が本当に柔らかく素敵でした。サンフランシスコ交響楽団はユジャワンでショパンのピアノ協奏曲2番とブルックナーの7番でしたが、ユジャワンのショパンがひどかった。なんであんな演奏でアンコールを要求するのか理解できません。多分本人もそれがわかっていて拍手が続いてもなかなかステージに出てきませんでした。おそらくマイケルティルソントーマスに促されて渋々アンコールを演奏したのだと思いました。昨年のショパンコンクールで2位だったアムランの演奏した2番が素晴しく、お気に入りの曲となっていたために本当にがっかりしました。それにひきかえ先日放送されたN響定期公演でベートーベンのピアノ協奏曲第3番を演奏したレオンスカヤは本当に素晴らしかった。ユジャワのテクニックは凄いかもしれませんがそれだけでは意味がなく、レオンスカヤのように美しい音と歌うような表現は不可欠ですね。P.S.このN響の定期のメインが新世界でなかなか素晴らしい演奏だったのですが曲の終わりでピアノシモになって音が消え、指揮者がまだ指揮棒を完全に降ろす前に拍手した聴衆がいてどっちらけとなってしまいました。いまだこんなKYがいるのには驚きました(笑)

2016年

12月

13日

どう思います?

行政訴訟において国が負けることはないようです。辺野古の訴訟では最高裁は審議もしないで判決を出すそうです。おかしいですよね。どう思います?

2016年

12月

10日

ひとりごと 温暖化詐欺 その11

cop22が終わったようだが何の報道もない。2週間何をしてたのか。多分モロッコ観光で忙しかったのだろう。図は紀元前2500年から西暦2040年(予測)までの地球の気温である。産業革命以降CO2の増加により気温が急上昇したと大騒ぎしているが過去には今より気温が高かったことはいくらでもあった。三内丸山遺跡から明らかなように縄文時代の青森は現在より気温が2度高かった。栗の北限は山形であるが三内丸山遺跡から栗が見つかっていることからわかるのだそうだ。縄文海進って知ってます?当時の貝塚により海面が今よりはるかに高く関東の奥まで海だったことが明らかになっている。100年後の海面上昇なんて微々たるものなのだ。学校で習ったゲルマン民族の大移動とは何だったのか。実は当時寒冷化が進んで北の方に住んでいたゲルマン人が温かい地域すなわちローマ帝国を滅ぼして移り住んだことなのだ。覚えてますか寝殿造。平安時代は温かく建物の外に廊下があった。今京都で屋外に廊下作れますか。恐竜のいた時代はCO2が1%だったのだがIPCCの主張で計算するとその時代の気温が400度になってしまう。ちょうど焼き鳥の焼く温度と一緒。歴史と科学を少し勉強すれば温暖化が詐欺であることはすぐ理解できるはずなのに。何でだろう。洗脳は恐ろしい。

2016年

12月

07日

TPPの真実 その2

苫米地氏の予想は日程ははずれましたが結果は当たりました。なぜ成立しないTPPを批准するのか。理由は補正予算のTPP関連予算が既に執行されているため今更撤回できないという指摘があります。6000ページの英文を読んだ人っているんでしょうか。森ゆうこ議員は全文を日本語に訳して国会に提出するように要求しました。当たり前ですよね。

2016年

12月

06日

パリ管弦楽団 日本公演2016

先月口腔外科学会で上京した際パリ管を聴いてきました。プログラムはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とマーラーの交響曲第5番。30年程前にバレンボイム指揮でサンサーンスの交響曲第3番オルガンをサントリーホールで聴いて以来2度目のパリ管でした。フランス人は楽器の名人が凄く多いのに何故かオーケストラは今ひとつ。原因はあまりにも個性が強いためアンサンブルが苦手なのだとか(笑)しかし近年のパリ管はアンサンブルできるようになってきたそうで今回も若手音楽監督ハーディングを迎え演奏者が指揮者と一体となった見事な演奏を聴かせてくれました。メンデルスゾーンのソリストのジョシュアベルはアメリカの若手でテクニックはもちろん本当に美しい音で演奏してました。使用楽器はストラディバリウスのギブソンでした。マーラーはトランペットのソロがめちゃくちゃ上手かった。アメリカはもちろんドイツやウィーンでもあんな柔らかい音での葬送のテーマは聴いたことがありません。伝統の木管楽器群は美しい音でちょっとお洒落な感じでグット。弦楽器は大編成でパリ管らしくない?重厚な音で特にチェロはノリノリで体を大きく動かしながらのダイナミックな演奏でした。本当に素晴らしい演奏会でした。指揮者のハーディンは20年前、二十歳の時にちょっとやりすぎてパリ管から総スカンを食らった過去があるそうですが今回は演奏者が指揮者を盛り立てているのがよくわかりました。今後もパリ管には注目です。

2016年

12月

06日

メディアリテラシー その26

トランプが次期大統領に決まって1ヶ月たちました。相変わらず差別主義者とか女性蔑視とかマスコミは報道してます。未だに選挙報道の間違いについて謝罪してません。この方は皇室関係の人だそうですが真偽はわかりません。お暇な方はどうぞ。

2016年

11月

28日

ひとりごと アナログレコード

最近アナログレコードが見直されているそうだ。人間の耳は20キロヘルツ以上の音は聞こえないこと前提に今のCDが誕生した。しかしもし耳以外で20キロヘルツ以上の音を感じているならCDはレコードに劣ることになる。雑音も音楽の一部と思っているので無音から突然音がでるCDより多少歪んでいても何も削除されてないアナログレコードの音に心地良さを感じるのこの辺に理由があるかもしれない。

2016年

11月

11日

アメリカ大統領選とマスコミ その6

殆どのマスコミの期待に反してトランプが次期大統領に選出されました。日本ではジャーナリストの木村太郎氏、国際政治学者の藤井厳喜氏がトランプが必ず勝つと断言してました。何故かれらは当たったのでしょうか。両氏とも既存のメディアの情報を当てにしないで独自の取材で本当のアメリカの世論を分析していたからだと言ってました。木村太郎氏にいたってはメキシコ国境まで行き自分の目でいかに楽々と違法に入国できるかを見て、トランプが壁を作ると言っている意味がわかった言ってました。投票総数ではヒラリーの方が多かったと言われてますがこれもかなり怪しいです。図は電子投票で不正が行われていることが発覚した前後の投票率の変化です。発覚したあとは電子投票をやめて急遽紙で投票してもらったそうです。トランプの圧勝ですね。ついでに動画もあげておきます。日本でもバーコードの読み取りで票を集計するのはやめて、不正が疑われないためにもアナログで集計すべきでしょう。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=119574

2016年

11月

08日

アメリカ大統領選とマスコミ その5

いよいよ明日結果が出ます。数日前にアメリカのある地方テレビ局で間違って選挙結果を放送したそうです。まだ開票してないのですからデマですが、それによるヒラリー42%、トランプ40%でヒラリーが勝ったことになってます。死んだ人が投票しているケースがあるそうですがはたして結果は?

http://82.221.129.208/basepaget8.html

2016年

11月

03日

アメリカ大統領選とマスコミ その4

大手マスコミはトランプがヒラリーに迫っていると報じだしました。あと1週間どうなるのでしょうか。テレビ新聞と真逆の内容です。興味のある方はどうぞ。

2016年

11月

02日

北海道農民管弦楽団 第23回定期演奏会

今年も農民オケのシーズンが始まりました。今回の演奏会は十勝の音更で来年1月22日に開催されます。地元にゆかりのある伊福部昭の交響譚詩、SF交響ファンタジー第1番(通称ゴジラのテーマ)地元の作曲家青山昌弘氏のピアノ協奏曲「産土の始め』(初演)、ドボルザークの交響曲第9番「新世界」を演奏します。新世界はよく知られた曲ですので難しい部分はあるものの取り組みやすいのですが、ピアノ協奏曲はなにせ初演ですので聴いたことはないのでどんな曲なのか皆目見当がつきませんでした。初練習に参加してなんとなく雰囲気がわかりました。見たことがない拍子が出てきたりして本当に大変です。それにくらべたら伊福部作品の変拍子が簡単に見えてしまいます(笑)毎回ですが本番まで3ヶ月しかありません。頑張っていい演奏会にしたいと思います。是非聴きにいらしてください。

2016年

11月

01日

メディアリテラシー その26

911の首謀者とされたビン・ラディンとヒラリーが握手してます。この写真が何を意味するか。

説明必要ありませんね。

2016年

11月

01日

開院5周年

2011年11月1日に開院し、本日無事5周年を迎えることができました。あっという間に過ぎてしまった5年でしたがいろんなことがありました。ようやくイメージに近い診療体制が整いましたがこれで満足せず、さらにレベルアップを図っていきたいと思います。

最近政治ネタが多いブログですが自分の考えは主張すべきという信念があります。読んでくれた方に少しでもお役に立てればと思って書いてます。これからもよろしくお願いします。

2016年

10月

26日

当たるかな?

28日にTPPを強行採決するそうです。当たるかな?

2016年

10月

25日

メディアリテラシー その25

すごい替え歌です。どう思います?

2016年

10月

24日

ひとりごと 野球にも死に体がある

日本シリーズ第2戦を見ていたが途中でチャンネルを変えてしまった。理由はビデオ判定で判定が覆ったからだ。レフト西川からの好返球でタイミングは完全にアウトだった。ランナーが回り込み追いタッチのようになったがすぐ近くで見ていた審判はアウトと判定した。しかし広島からの要請でビデオ判定の結果セーフになった。たしかにビデオでそこだけを見ればセーフかもしれないが野球はプレーの連続なので今回のファインプレーはアウトにすべきだった。またキャッチャーのタッチが甘かったかもしれないが、もしこんな判定が今後も続くならホームのタッチプレーはきっと激しいものになるだろう。当然ランナーにもキャッチャーにもけが人が続出するだろう。コリジョンルールはなんのために作ったのか?さらにもしダブルプレーにビデオ判定を導入したらどうなるだろうか。463のケースではショートが2塁ベースから足を離れてから捕球しているケースがよく見られる。当然ビデオでは判定が覆り、いかにもプロという華麗なダブルプレーが激減するだろう。本当に野球をつまらなくさせるのがビデオ判定だ。相撲でかばい手というのがある。相手がケガしそうな場合、先に土俵に手をついても負けにならない決まりごとだ。土俵際でも体がない、すなわち死に体の場合、先に手を使うが足が土俵の外に着こうが負けにはならない。もしこれをビデオで判定で、先に手をついた方を負けにしたら本当につまらない相撲になってしまうだろう。今回のプレーは、ランナーがいわば死に体であって主審が判断したようにアウトとすべきだった。本当に残念である。ビデオ判定はホールランの判定にとどめるべきだ。

2016年

10月

21日

アメリカ大統領選とマスコミ その3

3回目のテレビ討論が行われ、日本ではヒラリーが勝ったと報道されてます。ニューヨークタイムス、ワシントンポストなどアメリカを代表するマスコミがヒラリーを支持すると表明してます。これは日本でいうと読売、朝日が安部自民を支持するようなもので、すでにアメリカの大手マスコミは公平、公正ではありません。したがってCNNもそうですが大手マスコミの世論調査の結果は鵜呑みにしないほうがよいでしょう。ネットではトランプが勝ったという意見が圧倒的だそうです。トランプは何も見ないで発言しているのに対し、ヒラリーは明らかにモニターを見ながら発言しています。変だと思いませんか?トランプは自前で選挙監視団を派遣するそうです。

2016年

10月

18日

日ハム クライマックスシリーズ優勝おめでとう!

ペナントレースの終盤もすごかったですが、クライマックスシリーズも盛り上がりました。中田、大谷をはじめ選手はみんなそれぞれ本当に頑張ったと思います。でもやはりMVPは栗山監督でしょう。監督はプレーヤーでないので受賞できませんがこれほど監督の采配が勝利に結びついたケースは見た事がありません。特に第5戦は初回に4点取られたところで2回からすぐにバースに変え、その裏に中田のホームランを呼び込みました。先発を1回で降ろす事はそうありません。相手は摂津ですし第7戦のことを考えてしまいがちですが、この交代で「この試合に勝つんだ」という強いメーッセージがナインに伝わったのだと思います。またバースがいいピッチングをしていてロングリリーフが期待される場面でキャッチャーを変えることは普通しません。しかしここでも大野をさげて代打に岡。そして漫画のようなタイムリーヒット。さらに中島には初級ヒッティングからのスクイズ。采配がビシビシ決まりとどめは大谷のリリーフ。2戦で足でかき回されたマーティンはベンチからはずされていたのを後で知りましたが本当に打順といい代打、継投すべてにおいてパーフェクトだったと思います。広島は大谷の165キロ対策していますがあまり大谷を意識し過ぎないほうが良いのでは。軟投派のピッチャーにタイミングが合わなくなるかもしれません(笑)日本シリーズも栗山マジックに注目です。頑張れ日本ハムファイターズ!

2016年

10月

18日

アメリカ大統領選とマスコミ その2

トランプが不正選挙が行われていると発言しマスコミは一斉に叩いてます。ブッシュの時に不正選挙が問題になってたのを忘れたのでしょうか。

2016年

10月

17日

アメリカ大統領選とマスコミ

トランプが30年前に飛行機の中で痴漢したというスキャンダルはでっち上げだったようです。その頃のファーストクラスの肘掛は固定されており被害者の証言は否定されました。日本の報道ではヒラリーが優勢と言ってますがはたして本当でしょうか?

http://truthfeed.com/busted-fake-trump-accuser-tied-to-clinton-foundation-and-caught-in-lie/29309/

2016年

10月

16日

ひとりごと ノーベル文学賞

ノーベル文学賞にボブディランが選ばれた。彼の詩が評価されたそうだが音楽付きの詩と文字だけで書かれた詩では当然感じ方が違うわけでどう考えても純文学とは言えない。もし素晴らしい絵画に詩が書いてあってその詩が素晴らしければノーベル文学賞を受賞するのだろうか。どうしてもボブディランにノーベル賞をあげたければノーベル音楽賞を作ればいいのである。村上春樹氏は永遠にノーベル賞を受できないという意見がある。彼はエルサレム賞を受賞した際、パレスチナを養護するスピーチをしたからだそうだ。ボブディランが未だにコメントを出してない。なぜか。陰謀論的には彼の以前の発言が気になる。

あまりおすすめしない動画だが一応貼っておいた。

2016年

10月

14日

TPPの真実

大東亜戦争は石油の禁輸が引き金となったわけですから自由貿易は国際平和にとっても大切です。しかしTPPは自由貿易というよりいわばブロック経済でこれは対立を生み出します。問題なのはTPPは貿易の話と言われてますが実際はそんなものではなく、ISD条項により多国籍企業が国を訴えて賠償金を取るという新しいビジネスモデルなのです。何もしないでお金を巻き上げるのですからこんな楽な商売はありません。トランプもヒラリーも反対と言っているのに日本政府が急いで決めるのはTPPは決まるシナリオがあるからでしょう。おそらくヒラリーが大統領になり多少交渉したうえでTPPが決まると思います。

2016年

10月

05日

太陽光発電は発電しない

20年程前に自宅を建てるときに地球温暖化を防止しようと太陽光発電装置を設置しました。当時はCO2で温暖化すると信じていましたので良いことをしたと思っていました。しかしCO2による温暖化は科学的には間違いで利権の問題だと知ったのは数年前です。それどころか太陽光パネルを作るときに膨大な電気を使うことを最近知り愕然としています。電気を減らす発電は発電ではありませんよね。一応理系なんですが情けないです。